みんなで二階を借りちゃうプロジェクト「ニカイハ」のお誘い

いま、僕がやりたいと思っているのが「ニカイハ」というプロジェクトです。

このニカイハというプロジェクトは、越前市とか鯖江市内にある「二階」をみんなで借りちゃえというプロジェクトです。今、市内に空き家が増えていると言う現状の中で、特に中心市街地の二階はほとんどが空きテナント空き家になっている。

そこを借りて活用することで、おもしろいムーブメントにしていこうというのがこのニカイハの取り組みです。

ニカイハのかんがえ

ニカイハでは、まずみんなで隣り合った二階を3軒ほど借りたいと思ってます。そして借りてしまってから、要するに「お金を払わなくちゃいけない」という状況にしてしまってから、やばい、何とかしないといけないっていう気持ちでもって事業をドライブさせて新しいことを始めていきます。

具体的に始める事業として考えているのは雑貨屋、カフェあるいは古着屋みたいな、「それっぽい」業態を想定してます。でももちろん、なんでもいい!

なぜ「二階を3軒借り」ようとしているのかというと、二階だと、隣り合っている空きテナントがたくさんあるからなんです。それによって二階という切り口でもって、「面的にムーブメントを作り出せる」。

面的に物事を作っていくことは、非常に重要です。いま、各地でポツポツと面白いことが始まっているけれど、その一つ一つの力ではなかなか大きいムーブメントにはなりづらい。

そこではじめから、隣り合っている三軒を借りてしまう。二階という不思議な共通項、これを横串にして活用していくことによって、あの場所、あのエリアならなにか面白いことがあるぞ、という印象づけをしていく。

すると、点ではなく線としてが集客力が生まれ、更に面的に広がっていく、更に幅広く広がっていくようなシステムが作れるんじゃないかと思っている。

これがニカイハのもとになっている考え方です。

読んでわかるとおり、全然コンセプトしかないんだけれども、やったらたぶん面白いと思うんだけどな。

おさそい

そこでぜひ皆さんにお伝えしたいのが、僕たちと一緒にニカイハやりませんかということ。

たぶん交渉次第なんだろうけど、二階なら中心市街地だろうと、多分2、3万で借りられるんじゃないかな。この2、3万で借りた、テナントなのか家なのか空間なのか何かわからないんだけど、これを使って面的に面白いことしていこうと。

このプロジェクトは、それぞれが勝手にやりたいことをやってもいいと思うし、あるいはもしできるならまちの「先」を考えながら、面白いことをみんなで作っていくという場が作れたら最高なんじゃないかと思っています。

手伝ってくれる人はだれでもいい。自分で面白いことやっていきたいと思っている人、あるいはとりあえず金だけあるから出しますという人、そういう人ぜひ欲しい、ぜひ欲しいですね。

で、ここでみんなと一緒に借りちゃうということができると、「みんなでやる」という推進力が発生する。これがとても大事で、1人ではいつかいつかといって決して実現しないことも、みんなでやる、この日までに僕はこれをやりますという宣言によってもっともっともっと実現に近づいていく。

そういうような仕組みを実現させることも、ひとつのおもしろい目的としてあげられるんじゃないか。

場所はどこ?

今検討している場所は、越前市がいいんじゃないかと思ってて。なぜかというと、狭いエリアに、二階が空いているテナントがぎゅっと詰め込まれている(と僕は認識してる)からです。

現在新市庁舎の計画も進んでいて、無料駐車場も整備されるとの噂。そんな中、絶対中心市街地はこれから面白くすることができる。

さらに面白いのは、越前市中心市街地の空き家って、絶妙に昔ながらのイカしたデザインが多い。城下町の時代からずっと続いてきたであろう薬局や打刃物製造の会社、そういう歴史ある連なりがある。これを面的におもしろくできたら。

まとめ

僕一人ではなんにもできない。だけど、テキトーにでもみんなで集まればきっとこういうのって1つのおもしろいプロジェクトとして作り上げていけるはず。

ぜひ皆さん一緒にやりましょう。

絶対楽しい、絶対楽しいし最高にハッピーでどんどんまちが盛り上がっていくようなナニカになるはず。興味あったら連絡下さい。

 

スポンサーリンク

ご紹介

こんにちは、森一貴です。東京でコンサル経験後に福井県に移住。教育・まちづくりの分野で活動しています。ブログでは、教育・まちづくり・生き方などについて思索を書き溜めています。ご依頼等、お気軽にお声がけ下さい。


■ 教育:たのしい社会を創る「ハルキャンパス」
生徒の自立・思考・実践を通じて、たのしい社会を自ら創る力を育てます。ハルキャンパスのウェブサイト・facebookページが公開されました。もうすぐ春期講習も始まります。ぜひチェックを!
ハルキャンパスfacebookページ ハルキャンパスウェブサイト


■まちづくり:イベント・講座の実行支援や自主企画に取り組んでます
移住者として鯖江市「ゆるい移住」に参加し、現在は鯖江市の職人工房開放イベント「RENEW」の企画・実行支援を手がけています。他にもいくつか、新しい取り組みを形にすべく活動しています。

■ブログ:教育・まちづくり・生き方を中心に、ブログを書いてます。
主な記事は以下。
やりたいことなんかないけど、しあわせでいたい人の話」
東大でまちづくりを学んだけれど「まちづくり」が嫌いな私の思う「まちづくりの違和感」

将来に悩むみなさんへ

就活生の方や、転職活動をしている方、あるいはそうでなくとも、日々にもやもやとした思いを抱えているみなさんに、きっと役に立つだろう記事をピックアップしました。少しでも、みなさんのお役に立てたら幸せです。

やりたいことなんかないけど、しあわせでいたい人の話」
あなたに読んでほしい。「問題意識」と「やりたいこと」を切り離してほしいという、大事な記事です。
東大に入ればなんでもできると思っていたかつての私に向けて(外部サイト)

投稿者:

森 一貴

山形県出身、東京大学教養学部卒。コンサルティング企業にて勤務後、鯖江市ゆるい移住に参加。現在、考える力を伝えるプロジェクト「CUE」代表。