img_6335

本日プレオープン!!鯖江駅前でやまうにと地酒が楽しめる「ほやっ停」って?

本日12/16(金)、鯖江駅前で、鯖江市・河和田名物のやまうにと、梵をはじめとした地酒を楽しめる小さなバス停兼たこ焼き屋兼立ち飲み屋、「ほやっ停」がプレオープンします!(ちなみに正式オープンは17(土)15時から!)

ほやっ停って何!?

img_6364

ほやっ停は、昼間はバス停の待合処、夕方は山うにたこ焼き処、夜はふらっと立ち寄れる、地酒と薬味の立ち飲み処…と役割が移り変わっていく、不思議な、でもなんだかほっとする場所

鯖江市・河和田の名物「やまうに」を広めるべく活動する「越前隊」と、鯖江駅前で地酒を販売している「久保田酒店」とが手をとりあって、鯖江駅前にこの冬の間、まずは三ヶ月間期間限定で出店される、特別な場所なんです

「ほやって」は、福井の方言で「そうなんだよね~」という意味。なんだか、ほっとする名前!

ほやっ停では、何ができるの?

img_6328

ほやっ停は、昼間はこんなかんじ。15時までは自由に、バス停の待合処としてまったりできる場所になっています。

15時~18時は、山うにたこ焼き処。越前隊自慢の山うにたこ焼きを食べられます。

ちなみにこれ、本当においしい、びっくりするほど好き、これを食べないで帰るとかありえないくらい好き、これはガチ、この組み合わせは本当に奇跡

18時~21時は地酒と薬味の立ち飲み処。

img_6335

こんなあたたかい提灯のあかり、駅前にぽっとあかりが灯ったような店内で、地酒を楽しむことができます。

これまで、鯖江駅前にはなかなか気軽に地酒や地のものを食べられる場所って、なかったように思います。また、ふらっと立ち寄れそうな居酒屋もなくって、遠方から来てなかなか土地勘もないお客さんは、駅の目の前の魚民にいくくらいしかなかったんです

そんな現状、もったいないなあ、とおもった関さん。思い立ったが吉日とばかり、えいやっ!と立ち上げてしまったのがこのほやっ停なんです。いやあ、この関さんがまたサイコーでですね、ぜひ一度お話しにいってみて。すげえんだこの、なんていうのかなあ…謎のこの、生きるチカラというか。

ま、なんにせよ、ほやっ停の「ほ」の字、サイコーですよね。ちょうちんやのれん、ショップカードも楽しむポイント。ぜひ注目してみて!

img_6182

山うにたこ焼きって何?

「てか山うにたこ焼き、って何?というか、山うにって何?」

という人に。

dsc_5582

山うには、鯖江市の東部、河和田地方の特産品です。ゆずをメインに据えた、ちょっとピリ辛の薬味。その色鮮やかな見た目から、いつしか山うにと呼ばれるようになったそうです。

山うには、「ゆず」「鷹の爪」「赤なんば(完熟ししとう)」「塩」を丁寧にすり込み、練り上げることでできています。今も、河和田のばーちゃんたちの手で、丁寧につくりあげられているのだとか。

で、その山うにを活用し、広めるべく活動しているのが越前隊http://echizentai.com/)。彼らの発想で生まれたのが、この山うにたこ焼きです。

dsc_5492

山うにが絶妙にきいていて、いや、本当においしい

おすすめはしょうゆ味、ねぎだくで!

飲めるお酒は?

鯖江駅前の立ち飲み屋「ほやっ停」では、鯖江の地酒も楽しむことができます!!提供されるのは、鯖江駅前に長年酒店を構える久保田酒店のお酒

普段、思い切って買うのは難しいかもしれないけど。まずはいっぱいからでも、鯖江お酒飲んでもらいたいんやってな〜

とは、久保田酒店の桐子さんの談。

ということで、ほやっ停では、花垣や九頭竜、常山などの地元の日本酒を楽しむことができます。

ちなみに、僕のおすすめは間違いなくこれ、梵ゴールド

39888352

こーーーーーーーーーーーれはねえ、本当に好き。

鯖江の加藤吉平酒店が手がける梵シリーズは、どれもおいしいのだけど、何よりもこの梵ゴールドは本当においしい。ハマります。

(この絶妙にヤバいウェブサイトもたまらん http://www.born.co.jp/

フルーティでかるく、水のようにいくらでも飲める系の、かなりヤバい日本酒です。いまのところ福井にきてナンバーワンに好き。間違いない。絶対これ。一本義や黒龍のイメージが強い福井の日本酒ですが、個人的には福井の日本酒といえば「梵」。

こんなお酒が、ふらっと気軽に飲めるようになる。こんな素敵な…こんなステキなことがあるのでしょうか!!いや、ない!!

ちなみにほやっ停ではありませんが、早瀬浦とかも好きです。

ああ、梵飲みたい…。クリスマスパーティのとき誰か持ってきて下さい。

まとめ

img_6358

ということで、鯖江駅前の、期間限定の新たな目玉「ほやっ停」

この俺が全力でおすすめする山うにたこ焼き(本当に好きなんだこれが)と、俺が全力でおすすめする梵ゴールド、その両方が楽しめる「ほやっ停」、これは確実にホットプレイス。サイコーに楽しくオイシイ場所であるに違いありません。

なんと、今日は山うにたこ焼きの無料配布もあるのだとか!?

まだ山うにたこ焼きを食べたことがない人も、鯖江の日本酒を楽しんでみたい人も、ぜひこの機会に遊びにいってみてくださいね。

*************************

・住所:福井県鯖江市旭町1-1-4(久保田酒店敷地内)
・ご案内:
〜15:00 バスの待合処
15:00〜18:00 山うにたこ焼き処
18:00〜21:00 地酒と薬味の立ち飲み屋処
・定休日:日曜日(待合所としてご自由にご利用ください)

*************************

 

スポンサーリンク

ご紹介

こんにちは、森一貴です。東京でコンサル経験後に福井県に移住。教育・まちづくりの分野で活動しています。ブログでは、教育・まちづくり・生き方などについて思索を書き溜めています。ご依頼等、お気軽にお声がけ下さい。


■ 教育:たのしい社会を創る「ハルキャンパス」
生徒の自立・思考・実践を通じて、たのしい社会を自ら創る力を育てます。ハルキャンパスのウェブサイト・facebookページが公開されました。もうすぐ春期講習も始まります。ぜひチェックを!
ハルキャンパスfacebookページ ハルキャンパスウェブサイト


■まちづくり:イベント・講座の実行支援や自主企画に取り組んでます
移住者として鯖江市「ゆるい移住」に参加し、現在は鯖江市の職人工房開放イベント「RENEW」の企画・実行支援を手がけています。他にもいくつか、新しい取り組みを形にすべく活動しています。

■ブログ:教育・まちづくり・生き方を中心に、ブログを書いてます。
主な記事は以下。
やりたいことなんかないけど、しあわせでいたい人の話」
東大でまちづくりを学んだけれど「まちづくり」が嫌いな私の思う「まちづくりの違和感」

将来に悩むみなさんへ

就活生の方や、転職活動をしている方、あるいはそうでなくとも、日々にもやもやとした思いを抱えているみなさんに、きっと役に立つだろう記事をピックアップしました。少しでも、みなさんのお役に立てたら幸せです。

やりたいことなんかないけど、しあわせでいたい人の話」
あなたに読んでほしい。「問題意識」と「やりたいこと」を切り離してほしいという、大事な記事です。
東大に入ればなんでもできると思っていたかつての私に向けて(外部サイト)

投稿者:

森 一貴

山形県出身、東京大学教養学部卒。コンサルティング企業にて勤務後、鯖江市ゆるい移住に参加。現在、考える力を伝えるプロジェクト「CUE」代表。