車内通勤でグローバルに!?NHK語学講座のススメ。

地方にお住まいの車に乗ってる皆さんお元気ですか!?今日は、日本のローカルな皆さんこそが実は最もグローバルになれる可能性を秘めている!!という記事を書きます。

さて皆さん車に乗っているあいだ。通勤、通学する時、待ち合わせ場所に向かう時、なにかをするとき、皆さんは何をしていますか?
私はこれまで、とにかく曲を聴く、曲を聴く、曲を聴いて…いました。

「その時間、もったいないなあ…」と思っていませんか?思ってますよね。

本当はこの時間を使えば、読書ができたかもしれない。なんか仕事ができたかもしれない。友だちにもLINEの返事がしたいし、あるいは電話だってできるかもしれない。これが単純に自由時間になったらなあ…、早く自動運転、実現しないかなあ…。そう思っている方はきっとたくさんいる事でしょう。

(そういえば最近、「自動運転の論点」で執筆をはじめました)

そこで今日は、その時間を無駄にせずグローバルに近づく素敵な方法をお伝えしたいと思います。今日のまとめをさっくり言うと、NHK語学講座(無料)がすごい!という話です。

NHK語学講座って何?

NHK語学講座は、NHKの語学関連ラジオストリーミングを聴けるアプリです。

リアルタイムではないものの、実際の配信1週間後になったら、その1週間分を、好きな時間に、好きな場所で聞くことができるというもの。

S__4669524 S__4669525

この語学講座は英語はもちろん、中国語、スペイン語、イタリア語、ドイツ語、ハングル語などいろいろな語学の講座を配信しています。

S__4669526

それがなんでおすすめなの?

まず、無料。そして、語学講座はそのほとんどが各回15分。この絶妙な長さが、車の運転中に聞くのにぴったりなんですよね!

加えて、車で移動する人だからこそ受けられるめちゃめちゃ大きいメリットがあるんです。それは「話せる!」ということ!

もちろんこのNHK語学講座、都会の人も多くが通勤・通学中の電車などで使っています。しかし彼らは電車通勤。彼らがどうしても実践できないのが「話す」なんです。いくら聞いていても、やっぱり英語は話さないと身に付かないですよね!

でも車通勤なら、他人の目を気にせず、間違えも気にすることなく、ラジオに合わせてたくさんしゃべることができるんです!!

これを生かさない手はない!!ですよね〜。

NHK語学講座で話される中身って?

ここでは英語について、どんな講座があるか簡単に説明しますね。

NHK語学講座は様々な言語をあつかっていますが、特に英語の語学講座は充実しています。具体的には、基礎英語1、2、3やビジネス英語の講座、「英語で読む村上春樹」など、さまざま。

たとえば基礎英語1は本当に簡単な英文を、ゆっくり話してくれます。2,3人のグループが日常会話を話し、その会話をもとに、「この会話ではこんな文法や単語が使われていますね〜」というのを扱っていくかんじ。

また、毎回週のテーマがあり、例えばある週は「〜ing」。現在進行形だけを集中的にテーマに据えて、詳しく・優しく教えてくれます。

これなら英語を苦手だと思っていた人でも、毎日15分、通勤の時に聴く!とルールを設けておけば、簡単に続けられそうです。

ちなみにNHK語学講座は、テキスト版も出ていて、一緒にやると良いらしい。僕は通勤で聞いているからテキストは買ってませんが、特に不便は感じてません。基礎英語3で穴埋め問題が出て、たまに「?」ってなるくらい。

実際の画面ってどんな?

実際の画面はこんな感じです。

S__4669524 S__4669525

表示できる講座は自由にカスタマイズができ、普段自分が聞く講座のみを表示させておくことができます。

実際使っててどうなん?

僕は通勤時間が大体25分くらいなので、行き帰りで大体2〜3回分ずつくらい聞いてます。また、移動時間もわりとながめなので、いまは基礎英語2+基礎英語3、あとは気分に合わせてビジネス英語を聞いたり、別途Podcastの放送を聞いたり。

使ってくれる英文も、堅苦しいものではなくて会話文が多いので、身近でとっても聞きやすいです。Don’t be silly!(冗談でしょ!?)とか、I’m glad you thought so!(そう思ってくれてうれしいわ!)みたいなかんじ。

実際それが自分にどれくらい身になったかといえば、うーんどうでしょう。あんまりまだ話す機会がなくって。笑

でも、少なくとも車内の時間を無駄に過ごしていた人、どうやって過ごせばいいかわからなかった人にとっては、めっちゃ有益な過ごし方になるのは間違いない。

他の言語は?

中国語も勉強してみたくて聞いてみたけど、やっぱり無勉強で他言語を聞いても、何を言っているか全くわからん。

僕は大学時代はスペイン語とっていたんだけど、そのスペイン語でいうと、はじめに会話文を聞いても言ってることはなんにもわかんない。でも、解説を聞くとついていけなくもない!というレベルまではもっていける。これくらいの難易度の方が伸びてる感がありそう。

逆に言えば、ある程度勉強を少しでもしておけばラジオを使って勉強できそう。

ぜひ登録してみて〜

英語いろいろ勉強しようと思って、Podcastとか登録したけど、やっぱりNHK world newsみたいなやつだと、ネイティブの英語は早すぎて何いってるかわからんかった。

そういう意味では、自分にあったレベルの英語を聞けるNHK語学講座はめちゃめちゃオススメ。NHK語学講座で「簡単すぎるな〜」と思うようになったら、Podcastにうつればいいと思う。(→いまのところ、僕の英語レベルくらいでのおすすめはTED、バイリンガルニュース、スピードラーニングポッドキャストあたり)

で、実はこのNHK語学講座、ダウンロードしただけでは聞けなくて、一旦ウェブサイトからユーザ登録する必要があります。

NHKゴガク>マイ語学 https://cgi2.nhk.or.jp/gogaku/mygogaku/

車の移動時間を有意義に使いたいなーと思ったらぜひやってみてー。損はないと思いました。

ちなみにNHK語学講座、アプリ版では先週一週間分しか聞けないので、もしもっと勉強したいぜ!ということであればCDを聞いて勉強するのも良いかも!こちらは基礎英語1のテキスト+CD版。もちろん、その他の講座のCDもあります。

やっぱり「おとなの基礎英語」って言われると、惹かれるよね。私でも話せるようになるかな?みたいな。結構たのしいよ。

ぜひ、今度”英語 de ランチ”でもしようよ。ところで、deってスペイン語じゃね?ってよく思うよね。

ところで「車内だから発音練習ができて良い」っていう話をしたけど、なかなか日本人って英語の発音がオカシイんだよね。それはそもそも、アルファベットに対する日本語の解釈がおかしいってずっと思ってて。

そのあたりに風穴をあける本があるので、ご紹介しておきます。英語に対する「カタカナの振り」がおかしいという着眼点で、「通じるカタカナ英語」についてすごくまじめに書かれた本です。ウォーターじゃなくて「ワラ」とかね。もし「発音が苦手なんだよなあ…」と思っていらっしゃる方がおりましたら、ぜひ。

そういえば、僕って英語の発音が結構上手なんですけど、実はそれにはエピソードがあってですね。

僕、中学生くらいのときにSOUL’d OUTにハマってたんですよ。で、英語何書いてあるか全然読めないし何言ってるか全然わかんなくて、でもめちゃくちゃ歌いたかったんです

それでどうしたかっておれ、めっちゃ日本語で音取りしてた

例えばこのSOUL’d OUTの代表曲「To all tha dreamers」であれば冒頭サビ(0:20~)は

「ナウエッビッバーリムーブキャニュゲラリルサムスィンガットゥドゥー、ソーベラビリーベン」

とかっていうのをずーっとメモ帳で音取りしてですね…。懐かしい日々。呪文みたいに覚えたから、未だに全部歌えるっていう。地味にめっちゃ英語うまくなるしな。SOUL’d OUT歌うの好き。いまだに自分でもどんな意味の歌なのか知らない。

ではまた!

 

スポンサーリンク

ご紹介

こんにちは、森一貴です。東京でコンサル経験後に福井県に移住。教育・まちづくりの分野で活動しています。ブログでは、教育・まちづくり・生き方などについて思索を書き溜めています。ご依頼等、お気軽にお声がけ下さい。


■ 教育:たのしい社会を創る「ハルキャンパス」
生徒の自立・思考・実践を通じて、たのしい社会を自ら創る力を育てます。ハルキャンパスのウェブサイト・facebookページが公開されました。もうすぐ春期講習も始まります。ぜひチェックを!
ハルキャンパスfacebookページ ハルキャンパスウェブサイト


■まちづくり:イベント・講座の実行支援や自主企画に取り組んでます
移住者として鯖江市「ゆるい移住」に参加し、現在は鯖江市の職人工房開放イベント「RENEW」の企画・実行支援を手がけています。他にもいくつか、新しい取り組みを形にすべく活動しています。

■ブログ:教育・まちづくり・生き方を中心に、ブログを書いてます。
主な記事は以下。
やりたいことなんかないけど、しあわせでいたい人の話」
東大でまちづくりを学んだけれど「まちづくり」が嫌いな私の思う「まちづくりの違和感」

将来に悩むみなさんへ

就活生の方や、転職活動をしている方、あるいはそうでなくとも、日々にもやもやとした思いを抱えているみなさんに、きっと役に立つだろう記事をピックアップしました。少しでも、みなさんのお役に立てたら幸せです。

やりたいことなんかないけど、しあわせでいたい人の話」
あなたに読んでほしい。「問題意識」と「やりたいこと」を切り離してほしいという、大事な記事です。
東大に入ればなんでもできると思っていたかつての私に向けて(外部サイト)

投稿者:

森 一貴

山形県出身、東京大学教養学部卒。コンサルティング企業にて勤務後、鯖江市ゆるい移住に参加。現在、考える力を伝えるプロジェクト「CUE」代表。