IMG_7326

チラシを比べて、おかいもの体験!シュフ1グランプリを開催しました。

こんにちは!ハルキャンパス代表の森です。

2017年2月12日、鯖江市で開催されたこども食堂「ゆるい食堂」に合わせて、チラシを比べてお買い物体験をする「シュフ1グランプリ」を開催しました!

シュフ1グランプリとは?

ゆる食広報チラシチラシ_mini

「シュフのすごさ」って、なぜか「料理をつくる」ばっかりが着目されがちな気がします。でも本当は料理の前に、いろんな準備が必要。本当はそこにこそ「シュフ力」が眠っているはず。

そのなかでも特にすごい能力が求められるのが「おかいもの」

何をつくるかを決めて、必要な材料をあらいだして、チラシを見て特売商品を見つけて…。様々な要素の中から、シュフのみなさんは、日々最適解を導き出している。

実はその力って、こどもたちにとって、すごく大事な力なはず。そこでシュフ1グランプリにて、自分たちで料理を決め、チラシを比べておさいふと相談し、材料を買ってくる!というワークショップを開催しました。

チラシを比べて、おかいものワークショップ!

IMG_7272

当日は、親御さん・お子さんあわせて40人弱の方にあつまっていただきました!!みんな、おかいものに興味津々?

まずはチームを作って、コンセプトを決めました。「やすさ」、「安心・安全」、「ワクワク」。こんなふうに選択肢がたくさんあるとき、立ち戻って基準になるコンセプトがあるといいですよね。そんな気づきにも通じたらいいなあ!

IMG_7326

さて、そのあとは食べたい料理を決めて、チラシとご対面!

普段、あんまりチラシってじっくり見たことないですよね。実は、チラシって気づきの宝庫。「お肉って高い〜!!」「お母さん、日本産と中国産ってなにがちがうの〜!?」

たぶん、親子で国産と外国産のちがいについて、きちんと話す機会ってなかなかないそんなことを話す、貴重な機会にもなったみたいです。ゆるい食堂との開催ともつながって、食の大事さにも気づいてもらえたら嬉しいです!

くわえて、材料はどのスーパーで売っているのか?その材料はいくらなのか?おさいふと相談して、足りる金額なのか?など、ワークシートにまとめていきます。すごく難しいワークですが、おかあさんやおとうさんの力を借りて、ワークに熱中!

IMG_7370

さて、買うものを決めたら、いざお店へ!みんな、自分の料理にあった材料をきちんと買えました。ワークシートが完成したら、最後に発表です。

みんな、やっぱりそれぞれの作った料理が気になるんですね。発表したシートを展示したら、みんなわーっと集まってきました。

「このポテトサラダ、いろいろ入ってる〜!!」

こうやって、自分たちのつくったものを見ながら、おとなり同士がおはなししている。そんな瞬間って、素敵ですよね。

IMG_7515

そのあとはみんなで…ゆるい食堂!

さあ、みんなで頭を使ってがんばったあとは、みんなでごはん!

シュフ1グランプリに引き続き、いろんな方からあまった食材を集めて、みんなでいただきますを言うイベント「ゆるい食堂」のvol.5が開かれました。今回も、約130人が集まって大盛況!!

IMG_7722

相変わらず、デザートをかけた「じゃんけん大会」も大盛り上がりでした。こんなふうに、たくさんの人に集まってもらえる場が続いていることは、本当に素敵なことですよね。

ゆるい食堂のイベントページはこちら。
https://www.facebook.com/events/198690403848241/

主催・ゆるパブリックのfacebookページはこちら。
https://www.facebook.com/yurupub/

いろんなことを学んでもらえたのかな?

はじめは、チラシをくらべて、何が必要か整理して…という力を身に着けてほしいと開催した「シュフ1グランプリ」。でも、シュフ1グランプリを通じて、みんないろんなものを持ち帰ってくれたみたいです!

「地産地消って、なんで大事なんだろう?」
「ポテトサラダって、どんな材料でできているんだろう?」
「コンセプトが『やすさ』だから、外国産でもいいのかなあ?」

きっと、普段の生活のなかでは、あんまり気にしていなかった「おかいもの」。そのなかに、たくさんの気づきが詰まっていたんですね。

今日の経験をもとに、おうちでも「今日はここがひき肉安いよ〜!!」なんて、一緒にチラシを見てくれるようになったら素敵だなあ、なんて思っています。

IMG_7319

参加してくれたみんな、ありがとう!楽しかったね。また会おうね!

ハルキャンパスは、これからもこんな風に、楽しいワークショップをたくさん開催しいきたいと思っています。みなさん、またぜひお会いしましょう!

 

 

ハルキャンパスでは、子どもたちが主体的におもしろがれる、多彩なプログラムを構築しています。始まったばかりですが、ぜひハルキャンパスのfacebookページ「いいね!」をよろしくお願いします!

 

スポンサーリンク

ご紹介

こんにちは、森一貴です。東京でコンサル経験後に福井県に移住。教育・まちづくりの分野で活動しています。ブログでは、教育・まちづくり・生き方などについて思索を書き溜めています。ご依頼等、お気軽にお声がけ下さい。


■ 教育:たのしい社会を創る「ハルキャンパス」
生徒の自立・思考・実践を通じて、たのしい社会を自ら創る力を育てます。ハルキャンパスのウェブサイト・facebookページが公開されました。もうすぐ春期講習も始まります。ぜひチェックを!
ハルキャンパスfacebookページ ハルキャンパスウェブサイト


■まちづくり:イベント・講座の実行支援や自主企画に取り組んでます
移住者として鯖江市「ゆるい移住」に参加し、現在は鯖江市の職人工房開放イベント「RENEW」の企画・実行支援を手がけています。他にもいくつか、新しい取り組みを形にすべく活動しています。

■ブログ:教育・まちづくり・生き方を中心に、ブログを書いてます。
主な記事は以下。
やりたいことなんかないけど、しあわせでいたい人の話」
東大でまちづくりを学んだけれど「まちづくり」が嫌いな私の思う「まちづくりの違和感」

将来に悩むみなさんへ

就活生の方や、転職活動をしている方、あるいはそうでなくとも、日々にもやもやとした思いを抱えているみなさんに、きっと役に立つだろう記事をピックアップしました。少しでも、みなさんのお役に立てたら幸せです。

やりたいことなんかないけど、しあわせでいたい人の話」
あなたに読んでほしい。「問題意識」と「やりたいこと」を切り離してほしいという、大事な記事です。
東大に入ればなんでもできると思っていたかつての私に向けて(外部サイト)

投稿者:

森 一貴

山形県出身、東京大学教養学部卒。コンサルティング企業にて勤務後、鯖江市ゆるい移住に参加。現在、考える力を伝えるプロジェクト「CUE」代表。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。