福井のものづくりの祭典「RENEW」、当日スタッフを募集しています!

\拡散希望!福井のものづくりの祭典に、お手伝いいただけませんか?/

来月10/12(木)~15(日)、福井県鯖江市河和田地区を中心に開催される、ものづくりの祭典「RENEW」。イベント実施に伴い、ご協力いただける当日ボランティアスタッフを募集しています!

RENEWって?

renew0

福井県鯖江市河和田地区で開催される体感型マーケット「RENEW(リニュー)」は、職人の仕事場である、普段は出入りできない工房を特別に開放し、実際のものづくりの現場を見学・体験できる特別なイベントです。

今年は「日本の工芸を元気にする!」をコンセプトに掲げる中川政七商店が手がける、日本の工芸が一堂に会する「大日本市博覧会」とコラボし、「RENEW×大日本市鯖江博覧会」として、2017年10月12日(木)~ 10月15日(日)の4日間に渡り開催。

河和田は越前漆器と眼鏡を中心としたものづくりの里として知られていますが、今年のRENEWは河和田地区を飛び出し、漆器や眼鏡だけでなく、打刃物や箪笥、和紙など、福井県内の多様なものづくりに出会う旅「福井クラフトツーリズム」を開催。更に今年は、日本最大級のハンドメイドオンラインマーケット「Creema」が手がける「Creema Craft Caravan in 鯖江」もやってきます!

ものづくりの聖地・福井をまるごと楽しめる、年に一度だけの特別な祭典です。

RENEW公式ウェブサイト http://renew-fukui.com/
中川政七商店ウェブサイト http://www.yu-nakagawa.co.jp/top/

スタッフ募集って?

3-1

今年三度目の開催となるRENEW。今年は規模が大幅に拡大し、大日本市鯖江博覧会の運営はもちろんのこと、ソトコト×greenz.jpトークイベントや福井のデザインプロダクトを集めた「福井デザインストア」、ライブイベントに職人トークセッションやtokyobike協力によるレンタサイクルなど、多彩なコンテンツが開催されます。

しかしこうしたコンテンツを提供するにあたり、スタッフが足りていない!のが現状です。そこで、皆さんにご協力いただき、RENEWの実現に手を貸していただきたいのです。

新しいうねり、河和田というまち。

5-3

河和田地区は、越前漆器と眼鏡の産地。4300人の小さなまちに、いま既に50人以上の移住者が集っています。

河和田は、木工職人、眼鏡職人、漆器職人にデザイナー、雑貨屋、コックさん、先生(僕です)、、、こうした多様なプレイヤーが、自分たちで考え、実践し、おもしろがっているまち。

RENEWが始まった約二年前から、いつのまにか新しい工房が生まれ、雑貨屋ができ、職人が移住し、地方の新しい未来を描こうとしています。RENEWは、その河和田をまるごと楽しめる空間。RENEWを支えていただける皆さんには、その新しいうねりを、内側から思いっきり感じてもらえるはずです。

DSC_6397_mini

きっとウェブサイトを見てもらっただけでも、このうねりの一端を感じてもらえるはず。よかったら、以下チェックしてみてください。でも本当の河和田は、河和田のひとびとは、もっともっとおもしろいです。

・全員移住者で構成されるクリエイティブカンパニー「TSUGI」(職場です)
http://tsugilab.com/
・独自の視点でデザインプロダクトを紹介する「ataW」
http://ata-w.jp/
・「価値の再定義」を軸に、領域に留まらないプロダクトを実現する木地師「ろくろ舎」
http://rokurosha.jp/
・8代続く漆塗りの「漆琳堂」
http://shitsurindo.com/
・ひとが集い、価値をともに創り出す場所「PARK」
https://www.facebook.com/park.kawada/

興味を持ったらどうしたらよい?

DSC_6381_mini

RENEW事務局・森( https://www.facebook.com/kazuki.mori.777 )まで直接ご連絡下さい!facebookが苦手な方は、メール( info@renew-fukui.com )でも大丈夫です。ほかにも、もし疑問などがあれば、お気軽にお声がけください。

お手伝いは、1日だけでも嬉しいですし、半日だけでも大丈夫です。もちろん、県外の方でも大丈夫です。受付やご案内、トークイベントの準備などをしていただきたいと思っています。もし得意な方がいらっしゃったら、出店者を回ってもらい写真撮影やSNS投稿をしていただくかも。

もちろん、スタッフでなくとも、RENEWのお客様として来ていただいても、もちろん、とっても嬉しいです!

その他、お問い合わせ

お問い合わせは info@renew-fukui.com まで。

 

スポンサーリンク

ご紹介

こんにちは、森一貴です。東京でコンサル経験後に福井県に移住。教育・まちづくりの分野で活動しています。ブログでは、教育・まちづくり・生き方などについて思索を書き溜めています。ご依頼等、お気軽にお声がけ下さい。


■ 教育:たのしい社会を創る「ハルキャンパス」
生徒の自立・思考・実践を通じて、たのしい社会を自ら創る力を育てます。ハルキャンパスのウェブサイト・facebookページが公開されました。もうすぐ春期講習も始まります。ぜひチェックを!
ハルキャンパスfacebookページ ハルキャンパスウェブサイト


■まちづくり:イベント・講座の実行支援や自主企画に取り組んでます
移住者として鯖江市「ゆるい移住」に参加し、現在は鯖江市の職人工房開放イベント「RENEW」の企画・実行支援を手がけています。他にもいくつか、新しい取り組みを形にすべく活動しています。

■ブログ:教育・まちづくり・生き方を中心に、ブログを書いてます。
主な記事は以下。
やりたいことなんかないけど、しあわせでいたい人の話」
東大でまちづくりを学んだけれど「まちづくり」が嫌いな私の思う「まちづくりの違和感」

将来に悩むみなさんへ

就活生の方や、転職活動をしている方、あるいはそうでなくとも、日々にもやもやとした思いを抱えているみなさんに、きっと役に立つだろう記事をピックアップしました。少しでも、みなさんのお役に立てたら幸せです。

やりたいことなんかないけど、しあわせでいたい人の話」
あなたに読んでほしい。「問題意識」と「やりたいこと」を切り離してほしいという、大事な記事です。
東大に入ればなんでもできると思っていたかつての私に向けて(外部サイト)

投稿者:

森 一貴

山形県出身、東京大学教養学部卒。コンサルティング企業にて勤務後、鯖江市ゆるい移住に参加。現在、考える力を伝えるプロジェクト「CUE」代表。