世界一のクリスマスツリープロジェクト・あすなろの木と、多様な視点の話。

最近話題の世界一のクリスマスツリープロジェクト・あすなろの木について。

私たちは、経験や周囲の情報に引きずられやすい。

先日、丁度社会福祉協議会の東海・北陸ブロック研修会に講師として呼んでいただき、「伝える/伝わる」というテーマで講義を行いました。

その一つの大きなテーマが「多様な視点を持つことができるか?」

グループワークでもこれを取り上げ、これまでの自分の経験、得てきた情報や、自分の周囲の人の発言によって固定的な視点がどんどん積み重なってしまう、という話をしました。

その結果、他の人の意見を見ようともしなくなってしまったり、ましてや意見を変えるなんてことができなくなってしまうケースが多いと。

今回のあすなろの木の件は、この「多様な視点を持てるかどうか」を考えるための、まるで良い例題のようなモデルケースだな、と感じています。

別の視点を持とうと試みたか?

facebook上では「人間中心の世界観で安易に木を切り、運び、晒し者にした挙句、『語り継いでいく』シンボルである『いのちの木』を切りきざんで金儲けする。そんなことが許されるのか?」というスタンスが僕の周囲では主流です。

その結果、僕のタイムライン上では「このプロジェクトには、反対で当然」という空気感があるように感じます。

そのとき、「この反対論は当然理解できるけど、一方これをやろうという側の人は一体どんな考えなのか?」ということを少しでも考えたか?僕の問題意識はそこです。

少なくとも僕の(イベントの事務局経験があるという意味で)目線で見ると、「儲かるだろうなあ」なんて推測だけは絶対できない。

神戸市や氷見市、森林組合との調整、ロジのマネジメントから運搬後の装飾、広報にその他商品企画もろもろ、間違いなく超面倒で割に合わないだろうことだけは予想がつきます。

つまり、その背後には何かしら強い思いがあったはずで、その思いをもって神戸市や氷見市、関係各社に提案し、実際に説得し、調整してきたはずなのです。

双方の思いを見てみようとしてほしいのです。

その双方の思いを見ないで、僕は一面的な判断は下したくないなーと思っていたのですが、主催・そら植物園の方よりメッセージも出てきたようです。もしよかったらどうぞ。こちらも素敵な視点だなと思います。

あすなろの木について寄せられるご意見等について
~清順より大切なメッセージ~
http://soratree.jp/message.html

僕なりの解釈で要約します。

知らない間に私たちの身の回りにある『木』。その姿をたくさんの人に見てもらい、それがどう使われていくのか、想像を広げるきっかけにしたい。同時に、神戸のクリスマスを祝い、復興と鎮魂を祈りたい。

SNSという一面的な見方が強力に拡散されやすい場における、私たちが持っておくべきリテラシーやスタンスってあるんじゃないでしょうか。

ちなみに、僕自体が賛成か反対か、という結論はないです。

ただ、わざわざ無理して不幸を感じ、不幸を拡散する必要はないんじゃないか?という意味で、反対派になる必要はない、と思っています。

 

スポンサーリンク

ご紹介

こんにちは、森一貴です。東京でコンサル経験後に福井県に移住。教育・まちづくりの分野で活動しています。ブログでは、教育・まちづくり・生き方などについて思索を書き溜めています。ご依頼等、お気軽にお声がけ下さい。


■ 教育:たのしい社会を創る「ハルキャンパス」
生徒の自立・思考・実践を通じて、たのしい社会を自ら創る力を育てます。ハルキャンパスのウェブサイト・facebookページが公開されました。もうすぐ春期講習も始まります。ぜひチェックを!
ハルキャンパスfacebookページ ハルキャンパスウェブサイト


■まちづくり:イベント・講座の実行支援や自主企画に取り組んでます
移住者として鯖江市「ゆるい移住」に参加し、現在は鯖江市の職人工房開放イベント「RENEW」の企画・実行支援を手がけています。他にもいくつか、新しい取り組みを形にすべく活動しています。

■ブログ:教育・まちづくり・生き方を中心に、ブログを書いてます。
主な記事は以下。
やりたいことなんかないけど、しあわせでいたい人の話」
東大でまちづくりを学んだけれど「まちづくり」が嫌いな私の思う「まちづくりの違和感」

将来に悩むみなさんへ

就活生の方や、転職活動をしている方、あるいはそうでなくとも、日々にもやもやとした思いを抱えているみなさんに、きっと役に立つだろう記事をピックアップしました。少しでも、みなさんのお役に立てたら幸せです。

やりたいことなんかないけど、しあわせでいたい人の話」
あなたに読んでほしい。「問題意識」と「やりたいこと」を切り離してほしいという、大事な記事です。
東大に入ればなんでもできると思っていたかつての私に向けて(外部サイト)

投稿者:

森 一貴

山形県出身、東京大学教養学部卒。コンサルティング企業にて勤務後、鯖江市ゆるい移住に参加。現在、考える力を伝えるプロジェクト「CUE」代表。