前次問題

前へ 次へ

どっちやねん!!!

前次問題

最近、ちょっとだけウェブサイトを作っている。そこで引っ掛かったのでメモ。

ブログというものを見たことがある人なら、きっと見たことがある「前へ」「次へ」。↓

既にこの厳然と存在する違和感が伝わるだろうか?

ブログは最新の投稿が一番前に来る。そこで、その最新の投稿を開く。一番下まで来ると待っているのが「前へ」「次へ」。「前」「次」ということの意味はわかるのだけど…。

立場①:「前 = old」派

「前」とはoldで「次」はnewではないのか?(=前次を”時間軸”で捉えたパターン)

であれば、ブログの一覧ページや情報設計を考えると「”new”が左で”old”が右」の方向であるはずなので、

「”次へ”が左で”前へ”が右」なのではないか?

立場②:「前=前のページ(previous)」派

既に「前」がゲシュタルト崩壊している。

「前」とは「前のページ(previous)」であり、「次」とは「次のページ(next)」という意味なのではないか?(=前次をブログにおける”空間軸”で捉えたパターン)

つまり、ブログの一覧ページにおいて、とある投稿の「次のページ」とは、右隣のページ(next)のことであり、とある投稿の「前のページ」とは左隣のページ(previous)であるはずなので、

「”次へ”が右で”前へ”が左」なのではないか?

え!?

いやしかし、立場②だとしても、その「next」が投稿一覧における「次」という意味なのか。あるいは「previous」という言葉も、順序の前という意味もあれば、時間的な「前」という意味もある。(学校における「プレテスト」とはprevious testの略なのではないか)

であれば、時間軸として捉えてnextやpreviousを捉えると、

「次へ」はnextだがnewであり、
「前へ」はpreviousでありoldである(???)

一旦整理しよう…。

● 時間軸で捉える
・「次へ」はnextでありnewである
(投稿一覧における左隣の、一つ新しい投稿が表示される)
・「前へ」はpreviousでありoldである
(投稿一覧における右隣の、一つ古い投稿が表示される)
→「次へ」が左側、「前へ」が右側に配置されているべきである

● 空間軸(投稿一覧における左右)で捉える
・「次へ」はnextでありoldである
(投稿一覧における右隣の、一つ古い投稿が表示される)
・「前へ」はpreviousでありnewである
(投稿一覧における左隣の、一つ新しい投稿が表示される)
→「前へ」が左側、「次へ」が右側に配置されているべきである

ど、どうすんだよおおおおお

森は時間軸派です。というか、new-oldで表示すれば済む話?あるいは「左へ-右へ」なんてどうでしょうか?

あるいは、アーカイブ的に溜めていく場合、ケースによっては「新しいものが一番右下」に配置されるパターンもありますけど、その場合は右が新しくて左が古いわけですよね?あ、その時はnext-previousが順序的にも時間的にも適切に表示されるっていうことですか?それがいいですね、そうしましょう!

で、ブログの時はどうしたらいいんでしたっけね?

皆さんはどうするんですか!?

 

スポンサーリンク

ご紹介

こんにちは、森一貴です。東京でコンサル経験後に福井県に移住。教育・まちづくりの分野で活動しています。ブログでは、教育・まちづくり・生き方などについて思索を書き溜めています。ご依頼等、お気軽にお声がけ下さい。


■ 教育:たのしい社会を創る「ハルキャンパス」
生徒の自立・思考・実践を通じて、たのしい社会を自ら創る力を育てます。ハルキャンパスのウェブサイト・facebookページが公開されました。もうすぐ春期講習も始まります。ぜひチェックを!
ハルキャンパスfacebookページ ハルキャンパスウェブサイト


■まちづくり:イベント・講座の実行支援や自主企画に取り組んでます
移住者として鯖江市「ゆるい移住」に参加し、現在は鯖江市の職人工房開放イベント「RENEW」の企画・実行支援を手がけています。他にもいくつか、新しい取り組みを形にすべく活動しています。

■ブログ:教育・まちづくり・生き方を中心に、ブログを書いてます。
主な記事は以下。
やりたいことなんかないけど、しあわせでいたい人の話」
東大でまちづくりを学んだけれど「まちづくり」が嫌いな私の思う「まちづくりの違和感」

将来に悩むみなさんへ

就活生の方や、転職活動をしている方、あるいはそうでなくとも、日々にもやもやとした思いを抱えているみなさんに、きっと役に立つだろう記事をピックアップしました。少しでも、みなさんのお役に立てたら幸せです。

やりたいことなんかないけど、しあわせでいたい人の話」
あなたに読んでほしい。「問題意識」と「やりたいこと」を切り離してほしいという、大事な記事です。
東大に入ればなんでもできると思っていたかつての私に向けて(外部サイト)

投稿者:

森 一貴

山形県出身、東京大学教養学部卒。コンサルティング企業にて勤務後、鯖江市ゆるい移住に参加。現在、考える力を伝えるプロジェクト「CUE」代表。