kawada

誰からでもあいさつされるまちを作る方法

あいさつはいい。
何を話そうと思っているのでもなく、ただその人のために声を出す。
それだけのそれがいい。

そして僕たちは、誰からでもあいさつをされるひとになる方法を知っている。
それは、自分からあいさつをすることである。
なにをあたりまえなことを、とばかにされそうだ、あいさつをすれば返してもらえるに決まっている。
僕が言いたいのはそこじゃない。

彼が自分からあいさつをし続けていると、僕は彼に会った時に、
あ、あいつ、いつも俺に挨拶してくるやつだ。
と思う。
あーどうしよう、どのタイミングで俺を見つけるんだ、いつ俺は挨拶されるんだ、
油断ならない、ええい、いいよ、俺から言うよ、
「おはよう」、
そうして彼は自分からあいさつをしなくても、誰からでもあいさつをされる人間になる。

 
僕にとって、河和田はそんな街である。

河和田は、かわだ、と読む。
僕の住む福井県・鯖江市の東側にある、三方を山に囲まれた地域である。

僕が鯖江に来てすぐのころ。
あさ、職場にいくまえに、ふらふらと河和田を歩いていたら、おばあちゃんにあいさつをされた。
「おはようございます」
うんうん、朝はおばあちゃんにあいさつされる時間だよね、と僕は思った。
だから僕は次の日から、おばあちゃんに出会ったら、僕からあいさつをすることにした。
そのときは、なんとも思っていなかった。どこだってそうだからである。

かわだ
かわだ

ある日のことである。
河和田でお昼を終えて、今日は珍しく、よく晴れたいい日だなあ、と思って、
ぼうっと散歩していたら、
「こんにちは」
あいさつをされた。

僕は驚いて、うまく返すことができなかった。
なぜって、それは相手が知らない人だったからであって、時間が昼だったからなんだけど、ほんとのところはそこじゃない。
僕が驚いたのは、僕にあいさつをしてきたのが、
自転車に乗った、20代くらいの、きれいなお姉さんだったからである。
油断していた。そんなことって、あるんだろうか、と僕は思った。

僕はこれまでの人生の中で、
自転車に乗った人にあいさつされたことも、若いお姉さんにあいさつされたこともなかった。

それ以来、河和田では、
お昼だろうと、向こうから自転車が来ようと、若いお姉さんが来ようと、
僕からあいさつをすることにしている。

 
こないだのことである。
河和田でとある用事があったのだけど、日の落ちたころに暇になり、
ぼうっと散歩していたら、
「こんばんは」
あいさつをされた。

僕は今度は、かろうじてあいさつを返すことができた。
河和田を歩くときは油断しちゃいけないことを、よくわかっていたからである。
でも、でもである、あいさつをされようなんて、僕は全く想定していなかった。
なぜって、もう暮れであったし、いや、そんなことはどうでもよくって、
相手は、友達と遊んでいて、中学生くらいの女の子であって、
そしてなにより、彼女はsupremeの青いニット帽にミリタリーのアウターを着ていた。

ちくしょう、と僕は思った、思わず顔がにやけた。

もう日が落ちていようと、中学生くらいの女の子だろうと、supremeにミリタリーだろうと、
関係ないのだ、どうしようもなく、ここは河和田という場所なんだ、
それを僕はついに知った。
どんな時だろうと、相手が誰だろうと、何をしていようと、
河和田ではあいさつをされる運命なのだ、

こうして河和田に、誰にでもあいさつをするようになってしまったひとがまたひとり。
僕にとって、河和田はそんな街である。

 
僕は、誰からでもあいさつをされるまちを作る方法を知っている。
それは、自分からあいさつをすることである。

 

 

 
————————

ほかの記事

鯖江市「ゆるい移住」って結局何?(背景版)
一般的な体験移住では、農業体験、起業支援、就職支援等の何かしらのメニューがあるのに対し、ゆるい移住では、「ただ住んでみる」ことを目的としているんです。つまり、農業体験も、起業支援も、就職支援もない。

東大でまちづくりを学んだけれど、「まちづくり」が嫌いなひとの話
まちづくりの施策、そのどこにも、
「まちのひと」のためになるような施策はないように僕には見える。
そんな「まちづくり」はきらいだ、と僕は思った。

東京には何もない、という話
僕たちは東京で、ただ結果を「選んで」「受け取っている」だけなんじゃないかな、と思う、
そう、東京には自由にプロセスを作り出す余地がない。予期しないことが起きる余地がない。
だから東京にはなにもないなあ、と思う。

 

スポンサーリンク

ご紹介

こんにちは、森一貴です。東京でコンサル経験後に福井県に移住。教育・まちづくりの分野で活動しています。ブログでは、教育・まちづくり・生き方などについて思索を書き溜めています。ご依頼等、お気軽にお声がけ下さい。


■ 教育:たのしい社会を創る「ハルキャンパス」
生徒の自立・思考・実践を通じて、たのしい社会を自ら創る力を育てます。ハルキャンパスのウェブサイト・facebookページが公開されました。もうすぐ春期講習も始まります。ぜひチェックを!
ハルキャンパスfacebookページ ハルキャンパスウェブサイト


■まちづくり:イベント・講座の実行支援や自主企画に取り組んでます
移住者として鯖江市「ゆるい移住」に参加し、現在は鯖江市の職人工房開放イベント「RENEW」の企画・実行支援を手がけています。他にもいくつか、新しい取り組みを形にすべく活動しています。

■ブログ:教育・まちづくり・生き方を中心に、ブログを書いてます。
主な記事は以下。
やりたいことなんかないけど、しあわせでいたい人の話」
東大でまちづくりを学んだけれど「まちづくり」が嫌いな私の思う「まちづくりの違和感」

将来に悩むみなさんへ

就活生の方や、転職活動をしている方、あるいはそうでなくとも、日々にもやもやとした思いを抱えているみなさんに、きっと役に立つだろう記事をピックアップしました。少しでも、みなさんのお役に立てたら幸せです。

やりたいことなんかないけど、しあわせでいたい人の話」
あなたに読んでほしい。「問題意識」と「やりたいこと」を切り離してほしいという、大事な記事です。
東大に入ればなんでもできると思っていたかつての私に向けて(外部サイト)

投稿者:

森 一貴

山形県出身、東京大学教養学部卒。コンサルティング企業にて勤務後、鯖江市ゆるい移住に参加。現在、考える力を伝えるプロジェクト「CUE」代表。