ある既成概念の瓦解プロセスについてのメモ

セックスを拒絶する若者たち──アロマンティック・アセクシャル
http://wired.jp/2016/05/08/aromantic-asexual/

いいかげん、名前をつけるのやめたら?と思う。

 

既成概念は3つのステップで瓦解する。これは僕の持論。
これ、割といい考えだと思っているので、ちょっと紹介します。

 

例えば、
「性的関係は男女間でもたれるべきだ」という既成概念があるとする。

STEP1:対の提示
これに対して、LGBTはその対極を提示する。
ここでは、「性的関係は男性間でもありうる。女性間でもありうる。」
まず、ここで「一般人」とマイノリティ間で衝突が起こる。

STEP2:間の発生
衝突が起きると、大衆の間に、マイノリティに対する認知が発生する。
すると、「間」が発生する。
例えば「私は相手、女の子でも男の子でも大丈夫だよ〜」とか。
「てか、俺は複数人でも大丈夫だよ〜」とか。
マイノリティの存在の認知によって、これまで潜在マイノリティだった人々が顕在化する。

この「間」というのは、はじめはいろいろな名前がつけられる。
例えば、「ポリアモリ」なんかは性的関係のスタイルの一つとして最近知った言葉。

名前は、無数に生まれる。ここまでくると、「一般人のスタイル」にすら名前がついてしまう。
女性同士での性的関係を持つ人、男性同士での性的関係を持つ人、
どっちでもOKな人、性行為自体に価値を見出さない人、
別に何もかも自由なスタイルな人、そのあたりを組み合わせて全てに名前をつけようと思うと、
名前は無数に生まれうる。

STEP3:概念の瓦解
すると、名詞の価値は失われる。
これまでの様々な呼称は意味をなさなくなり、
大衆に「性は自由だよね〜」という認知が形成される。
そしてマイノリティは大衆に同化する。
ここではじめて、マイノリティはマイノリティでなくなる。

これ、もしかしてアウフヘーベンの話と同じなのだろうか?
詳しい人、教えてほしいです。

 

だから何って話なんだけど、
要は、冒頭の記事を読んで、
セクシュアル・マイノリティに関する潮流は
このステップを忠実になぞっているなあ!、と思ったという話です。

この瓦解プロセスは色んなところで起きてはいると思うのだけど、
最近これが意識的に起こされているのが、鯖江の「まちづくり」の現場。
ゆるい移住やJK課もそうだけど、
「まちづくり専門家/プロ市民」に対して「ゆるい市民」が定義されて、
いま、その間が生まれてきている段階なんだろうなと思う。

 

この調子でいろんな既成概念がぶっこわれていけばいいと思う。

 

スポンサーリンク

ご紹介

こんにちは、森一貴です。東京でコンサル経験後に福井県に移住。教育・まちづくりの分野で活動しています。ブログでは、教育・まちづくり・生き方などについて思索を書き溜めています。ご依頼等、お気軽にお声がけ下さい。


■ 教育:たのしい社会を創る「ハルキャンパス」
生徒の自立・思考・実践を通じて、たのしい社会を自ら創る力を育てます。ハルキャンパスのウェブサイト・facebookページが公開されました。もうすぐ春期講習も始まります。ぜひチェックを!
ハルキャンパスfacebookページ ハルキャンパスウェブサイト


■まちづくり:イベント・講座の実行支援や自主企画に取り組んでます
移住者として鯖江市「ゆるい移住」に参加し、現在は鯖江市の職人工房開放イベント「RENEW」の企画・実行支援を手がけています。他にもいくつか、新しい取り組みを形にすべく活動しています。

■ブログ:教育・まちづくり・生き方を中心に、ブログを書いてます。
主な記事は以下。
やりたいことなんかないけど、しあわせでいたい人の話」
東大でまちづくりを学んだけれど「まちづくり」が嫌いな私の思う「まちづくりの違和感」

将来に悩むみなさんへ

就活生の方や、転職活動をしている方、あるいはそうでなくとも、日々にもやもやとした思いを抱えているみなさんに、きっと役に立つだろう記事をピックアップしました。少しでも、みなさんのお役に立てたら幸せです。

やりたいことなんかないけど、しあわせでいたい人の話」
あなたに読んでほしい。「問題意識」と「やりたいこと」を切り離してほしいという、大事な記事です。
東大に入ればなんでもできると思っていたかつての私に向けて(外部サイト)

投稿者:

森 一貴

山形県出身、東京大学教養学部卒。コンサルティング企業にて勤務後、鯖江市ゆるい移住に参加。現在、考える力を伝えるプロジェクト「CUE」代表。