「その層の人たち」と、ステージに関する一考察

芸能人の中に「その層の人たち」が増えつつあるように思う。 その層の人たち、というのは、 既成概念にとらわれず、 きちんと考えたら、普通に考えてこうなんじゃない? ということを考えている人たち。 思考に対して自由な人たちの … 続きを読む 「その層の人たち」と、ステージに関する一考察

伝統を大事にしてそして衰退するあるお祭りの話

ある地方の祭りを見に行った。どちらかといえば内側の人間として。 その祭りの山場である舞いは「忍耐」をその美徳の軸に置いているらしく、 とにかくゆっくり舞われる。そして、それを繰り返す。 すぐに答えを求める性急な僕にはあま … 続きを読む 伝統を大事にしてそして衰退するあるお祭りの話

JK課と!勝手に特別対談vol.3 まや×もり「なにもないままにする勇気。」(後編)

いま、楽しそうに仕事をしてる人って、百姓みたいだなってことなんだよね。
つまり、職業としての芯や名前は持ちつつも、それに囚われずに、いろんなことをやっている。

JK課と!勝手に特別対談vol.3 まや×もり「なにもないままにする勇気。」(前編)

「余白」がまちづくり自体にあればいいなと思うんです。でもそれは、しかける側としては、余白がある状態で世の中に出す「勇気がある」っていうこと。
その中に、どんな仕組み、核をつくるかっていうのが、しかける側として、これから私が一番考えていかなきゃいけないところだと思ってます。

鯖江市「ゆるい移住」って結局何?(実態版)

そんなふうな、ぞわぞわ、ワクワクするような広がりが、
たくさん転がっている。
それが結果的に何をもたらすかはまだまだわからないのだけど、
とりあえず、なんとなく楽しい状態にはなっているような気がします。

鯖江市「ゆるい移住」って結局何?(背景版)

一般的な体験移住では、農業体験、起業支援、就職支援等の何かしらのメニューがあるのに対し、ゆるい移住では、「ただ住んでみる」ことを目的としているんです。つまり、農業体験も、起業支援も、就職支援もない。

勝手に特別対談vol.2 森一貴×新山直広「創造産地を創造する。」(後編)

TSUGIは「おもろいやつがいないなら、自分たちで増やしていこう」としている。
つまり、RENEWのようなイベントを通じて、地域の人に新しい気づきを与えて、地域の人自身が自分で考えて、工夫する状態を生み出そうとしてるのかなって。

勝手に特別対談vol.2 森一貴×新山直広「創造産地を創造する。」(前編)

鯖江の産業がロボットに取って代わられる時、僕らは何を考えるべきか。
ロボットにできないことってなんだろう?って言ったときに、創造性、知性、工夫する力、そういうのが重要になってくるんじゃないかなって。