「困った主体」とサービスがすれ違う、その現状を変えていきたい。

いまの日本に、サービス自体が多いのは確かです。でも、「困った主体」が「自然に行動するとどうなるか」を考えることができているサービスなんて、本当に限りなく少ない。