カドカワが創る「N高」

すごいことになってるなあ。


N高等学校
http://nnn.ed.jp/lp/201604/

その体裁だけを見れば「ただの通信制高校なのか?」と思ってしまいそうなものだけど、
中身はむちゃくちゃ充実している。
・ビジネスで使うようなITツールを自由に扱える、慣れ親しむことができる
・学校の授業とは別に、無料で学べる授業がある
・課外授業が充実している
使い倒そうという気さえあれば、すごいことができそうだ。
そうでありながら、なかなか学校に通いづらい子のセーフティネットの役割も同時に果たしている。

イカしている。ユニバーサルなデザイン(と、言っていいんだろうか?)。

確かに三次元のコミュニケーション不足には多少の気後れもなくはないけれど、
・ネットで授業を受けることに慣れ親しんでいるがゆえに、別の無料授業にも取り組みやすい姿勢ができていること
・課外授業の面では、これまでの高校ではできなかった「異年齢の交流」の要素が(たぶん)充実していること
は強そう。

硬直化した現状の学校制度に
なんらかのインパクトをもたらしてくれたらいいなあ、、、。
 

今は入学者の志望理由だけがのっているけれど、
最終的な卒業生の声などを聞いてみたいところ。
引き続き追ってみよう。

俺も学校つくりたいな〜

 

スポンサーリンク

ご紹介

こんにちは、森一貴です。東京でコンサル経験後に福井県に移住。教育・まちづくりの分野で活動しています。ブログでは、教育・まちづくり・生き方などについて思索を書き溜めています。ご依頼等、お気軽にお声がけ下さい。


■ 教育:たのしい社会を創る「ハルキャンパス」
生徒の自立・思考・実践を通じて、たのしい社会を自ら創る力を育てます。ハルキャンパスのウェブサイト・facebookページが公開されました。もうすぐ春期講習も始まります。ぜひチェックを!
ハルキャンパスfacebookページ ハルキャンパスウェブサイト


■まちづくり:イベント・講座の実行支援や自主企画に取り組んでます
移住者として鯖江市「ゆるい移住」に参加し、現在は鯖江市の職人工房開放イベント「RENEW」の企画・実行支援を手がけています。他にもいくつか、新しい取り組みを形にすべく活動しています。

■ブログ:教育・まちづくり・生き方を中心に、ブログを書いてます。
主な記事は以下。
やりたいことなんかないけど、しあわせでいたい人の話」
東大でまちづくりを学んだけれど「まちづくり」が嫌いな私の思う「まちづくりの違和感」

将来に悩むみなさんへ

就活生の方や、転職活動をしている方、あるいはそうでなくとも、日々にもやもやとした思いを抱えているみなさんに、きっと役に立つだろう記事をピックアップしました。少しでも、みなさんのお役に立てたら幸せです。

やりたいことなんかないけど、しあわせでいたい人の話」
あなたに読んでほしい。「問題意識」と「やりたいこと」を切り離してほしいという、大事な記事です。
東大に入ればなんでもできると思っていたかつての私に向けて(外部サイト)

投稿者:

森 一貴

山形県出身、東京大学教養学部卒。コンサルティング企業にて勤務後、鯖江市ゆるい移住に参加。現在、考える力を伝えるプロジェクト「CUE」代表。