東京には何もない、という話

山形にいたころは、東京っていっぱい遊ぶ場所があって、いいなあと思ってたんだけど。
実際に来てみると、東京ってあんまり何もないなあって、思うことが時々ある。

東京って、遊ぶ「結果」はたくさんあるんだよね。
電車でぷらっと行けば、
街中にはオシャレな雑貨屋、居酒屋、カフェがあるし、おしゃれな服が売っている店もたくさんある。
謎解きもできれば、映画もあるし、ヨガやネイルも好みに応じて好きなようにえらべる。
案外近くに自然のあふれる公園もあるし、歴史のある街並みもあるし、展覧会とかもたくさん開かれている。
だから、「あ~なんかしたいな」と思った時には
きっと困らないところなんだけど。

山形には何もない。
(まだ社会人になってから山形に住んだことはないけど)。
最近はおしゃれなカフェや、雑貨屋やセレクトショップも増えてきたみたい。
それでも、誰も自然のあふれる公園には(時々しか)いかないし、歴史のある街並みはないし、
展覧会はなくもないくらい?

そういえば、こないだ、これは鯖江の話だけど、
「どこに遊びにいくの?」ってゆるい移住仲間が聞いたら
若い女性が「遊び、、、遊び、、、???」
というような顔をした。
きっと山形もそう変わりはないんだろうと思う。

遊ぶっていったら、
親戚のいとこと遊んできた、とか、つぶれたショッピングセンターの駐車場で花火をした、とか、
コンビニの駐車場で飲み会をした、とか、だれかんちに集まった、とかとか、
時には、家の前でBBQをしたり、河原で芋煮会をしたり、そういった
田舎の遊びにそんなに特別なカタチはたぶんあんまりない。

そう、結果が少ない山形と違って、東京はたくさん結果がある。
そうなんだけど、それでも僕は東京にはなにもないなあ、と思う。
僕は、東京で遊んでいるとき、「俺はいま何をしているんだろう?」と思う。
僕たちは東京で、ただ結果を「選んで」「受け取っている」だけなんじゃないかな、と思う、
そう、東京には自由にプロセスを作り出す余地がない。予期しないことが起きる余地がない。
だから東京にはなにもないなあ、と思う。

なんとなくそれを思ったのが、東京で公園にいるときで。
オシャレにデザインされた建物がある、安全でいられるフェンスとかがある、
誰かがコーヒーを提供してくれる、かわりに
「開園時間は何時~何時」「木に登ってはいけません」「ここから先は芝生の養生中」
「花火は禁止」「演奏は禁止」「スケートボードは禁止」
とかとか、ずいぶんとルールの多いこと。
山形だったらきっと、そこに特別な体験はなにもないけど、
みんなは自由にそれを使っている、
カップルは夜中にこっそり訪れていちゃいちゃしているし、子どもは木に登っているし、
ある日は誰かが花火をしている、体験は自由だ。

翻って考えてみれば、東京での体験はデザインされ尽くしていて、どれを選ぶかに過ぎないんだなあ、と思った。
例えばそうだなあ、新宿へ遊びに行くとする。
お昼はBowl Cafeでワンプレートランチを食べる。
そのあとバルト9で映画を見て、アナログカフェでお茶したあと、
伊勢丹とマルイを回ってイーグルスでウィスキーを傾ける。

どうかなあ。決まった名詞を選んで並べていけば、なんとなくそれっぽく過ごしたように見えるんだよなあ。
僕らは名詞のなかだけで遊んでいるわけじゃない。それとそれとの間って無限のプロセスからできている。
でも、東京にいると「結果」を選んでいくスタンプラリーのような遊び方を強制されてしまいがち。
これは新宿に遊びにいく、っていう街のレベルでみたけど、
展覧会とか、謎解きとか、あるいはショッピングとかご飯を食べるとか、そういうものについても、
大概のレベルで僕らの行動はデザインされ尽くしていて、無思考に僕たちは
受け取っているだけで楽しむことができてしまう。

山形で河原で遊ぶとする。
結果は「河原に行った」ただそれだけなんだけど、
お昼は持参したサンドイッチでごはんを食べる、そしたらハチが飛んできて大騒ぎをする、
そのあと川に入って遊ぶ、誰かが川底のぬめりで滑って転んだ、
寒くなって出る、そのあと河原でたき火をしながらあったまった、
誰かが持ってきてたギターで盛り上がった、歌が下手だなあ、
疲れたねそろそろ帰るかあ、友人が切り盛りするバーへいって酒を飲む、
今日は疲れてるからアルコール薄目で。オッケー、アルコール分安くしとくわ。笑

そこに決まった名詞は与えられていなくって、
そのとき、そのときで記憶にも残らないような、ちょっとした、だれも予想していなかった、
けどなんとなく偶然生まれたプロセスが繋がっているだけなんだよなあ。
同じ「河原にいく」でも、行くたびに何が起きるかはわからなくって、
常にいっぱいの可能性がひらけている。

別にそれがいいとか悪いとかじゃなくって、
東京はきちんと「結果」として、適切に計画された上質な体験ができるんだから、それはそれで素敵なことだし、
東京だって河原まで行けば同じように過ごせるんだから、
やっぱり東京のほうがいいじゃないかって言われたらそれまでなんだけど。
東京の人が「そこ行って何するの?何かあんの?」って言うとき、なんとなく少し悲しい気持ちになる。

東京を歩いていて、
このビル登れんじゃね?これ登って行ったらどこまでいけるんだろう!
ここから屋根に出れるなあ、これたどっていったらどこまでもいけそうだなあ!、と思う。
そしてあんまりそういうワクワクやドキドキは、東京で持つには不向きな感情だなあ、と時々思う。

 

———————————————

ほかの記事

旅行の目的地は、「場所」 から「人」に変わりつつある。
工場見学企画して、専用の担当者をつけて、マニュアル通りに「ここが製造室です〜」
とかって説明されても、そんなんまじどうでもいいわ、見ための話を聞きたいんじゃねんだよ、と思うわ。
俺はただ例えば職人なら職人その人の、その人を主語にした「私はここで、こういう思いで」っていう話を聞きたい。

東大でまちづくりを学んだけれど、「まちづくり」が嫌いなひとの話
まちづくりの施策、そのどこにも、
「まちのひと」のためになるような施策はないように僕には見える。
そんな「まちづくり」はきらいだ、と僕は思う。

やりたいことなんかないけど、しあわせでいたい人の話
今日は、誰かが幸せになればいいなあ、と思って記事を書きました。
やりたいことってなんだ!!!と思っているひとと、
教育や就活についてなにか感じているひとと、
目標を持て!とか「なんでやらないの?」とかいう、うるさい人たちに
読んで欲しいなあ
と思っています。

 

スポンサーリンク

ご紹介

こんにちは、森一貴です。東京でコンサル経験後に福井県に移住。教育・まちづくりの分野で活動しています。ブログでは、教育・まちづくり・生き方などについて思索を書き溜めています。ご依頼等、お気軽にお声がけ下さい。


■ 教育:たのしい社会を創る「ハルキャンパス」
生徒の自立・思考・実践を通じて、たのしい社会を自ら創る力を育てます。ハルキャンパスのウェブサイト・facebookページが公開されました。もうすぐ春期講習も始まります。ぜひチェックを!
ハルキャンパスfacebookページ ハルキャンパスウェブサイト


■まちづくり:イベント・講座の実行支援や自主企画に取り組んでます
移住者として鯖江市「ゆるい移住」に参加し、現在は鯖江市の職人工房開放イベント「RENEW」の企画・実行支援を手がけています。他にもいくつか、新しい取り組みを形にすべく活動しています。

■ブログ:教育・まちづくり・生き方を中心に、ブログを書いてます。
主な記事は以下。
やりたいことなんかないけど、しあわせでいたい人の話」
東大でまちづくりを学んだけれど「まちづくり」が嫌いな私の思う「まちづくりの違和感」

将来に悩むみなさんへ

就活生の方や、転職活動をしている方、あるいはそうでなくとも、日々にもやもやとした思いを抱えているみなさんに、きっと役に立つだろう記事をピックアップしました。少しでも、みなさんのお役に立てたら幸せです。

やりたいことなんかないけど、しあわせでいたい人の話」
あなたに読んでほしい。「問題意識」と「やりたいこと」を切り離してほしいという、大事な記事です。
東大に入ればなんでもできると思っていたかつての私に向けて(外部サイト)

投稿者:

森 一貴

山形県出身、東京大学教養学部卒。コンサルティング企業にて勤務後、鯖江市ゆるい移住に参加。現在、考える力を伝えるプロジェクト「CUE」代表。

「東京には何もない、という話」への18件のフィードバック

  1. 共感です!いままさに、子どもを東京で育てていて悩んでいます。私も夫も地方出身、ふるさとにあった原体験は、ここには何もないと感じています。

    私も北国なのでたとえば雪も非日常のスキー場にだけあるものじゃなく、雪慣れしてない街にたまーに降る厄介者でもなく、冬の訪れとともにそばにあるもの。雪かき、庭での雪遊び、吹雪の厳しさ、積もった町の明るさや温かみ、住んでいないとわからない。

    どうにか入った会社の仕事のために東京にいますが、こどものふるさとにするには、整備されすぎています。

  2. あなたの物の見方が狭すぎるからとしか言いようがないね。
    モノしか見てない、他人という存在が目に入ってないだけじゃない。

    田舎にはなにもないね、って言ってる都会人と同じことを言ってるんだよ。

  3. 失礼ながら、それは選んだ先で見つけてないからではないですか?
    田舎では選択肢は少ない分、その先を現場で見つけなければいません。
    ハチや転んで怪我なんてのがそれです。
    選択肢がない分、その先の比重が大きいです。
    都会では選択肢が多いです。
    だから選んだでその通りに行動しただけで、
    何かした気になって、その先の比重が薄く感じがちです。
    自分で選んだチェックリストは埋まりますから。
    でも楽しみは見つけるものです。
    誰かが見つけたカフェでランチして映画に飽きたら、
    昼からノンアルビールのバーに行って、落語の寄席に行けばいい。
    川で怪我して身を切る笑い話を作るように、
    男同士で敢えて昼キャバ行ってイマイチな嬢に若干ぼったくられて、
    それをネタに夜別の普通のバーで楽しむのもいい。
    選択した先で何を楽しかが抜けているように感じました。
    都会だろうが田舎だろうが、
    選択肢が多かろうが少なかろうが、
    楽しみを見つけるのは自分ですよ。

  4. 私は東京出身です。自分の故郷を悪く言われて悲しいです。私達だって原っぱで遊んだり、花火をしたり、それなりに遊び、生きてきました。そういう人生は淋し意味の無いものですか?ここで生まれ生きてきた人間もいます。東京を本当に愛している人もいるのです。ここは私の故郷です。

  5. 東京出身かつ在住者だけど、これはおそらく正しい、
    東京にはなにもない。

    たまに地方から旅行にくる友人を案内しようと思うけど、なにもないから困る。
    東京には観光がない。
    渋谷に行ったって、人が多いというのとネームバリューがあるだけ。

    浅草のような寺町はどこの県にもあるし、築地市場も、秋葉原も、同様。
    誰かが作り上げたイメージが名前に乗っかっているだけ。
    名所でもなんでもない。

    東京には、ならでは、がない。

    ま、記事の言う意味とは少しずれるけど。

  6. いろいろ東京のお店やら映画館やら名前だして脳内体験お疲れ様です。
    都心ともなれば怪我でもされた日には逆に訴えられかねないので注意書きがやたら目につくはめになりますが、都内でも多摩西部地区や千葉や神奈川の奥の河原にでもゆけば、あなた様の山形とおぼ同じ状況を楽しめます。
    ただ、いきなり脚に激痛を感じたときに「マムシに注意‼︎」の注意書きの立て札に気づくことになります。

  7. 大阪の郊外で育って、猟以外のアウトドア遊びは一通り仕込まれました。
    2000年前後に5年ほど東京で暮らしていた事があります。

    東京はいろんなものが揃っていて、表層だけでもそれなりに楽しめますが、徒歩や自転車でフラフラと分け入っていくと、野山をうろつき回るのと似た面白さに時々出くわします。
    「ぶらタモリ」が評判になったのは、そういう楽しみ方を分かりやすく提示したからではないかな、と思います。
    暖かい季節の代々木公園は、暗くなってくるとジャンベや民族楽器がそこここから響いてきて、ジャングルかサバンナのような混沌に満たされていました。

    東京は、なにも素養のない人でも楽しめる仕掛けがいっぱいあるけれど、努力して一皮めくってみると、アナーキーな人々や隙間が見つかり、さらに楽しめると思いました。

  8. 東京で生まれ、東京で育ち、東京で暮らしてきた私は、そんなことないですよ?と思ったりしましたが、なるほど最近の東京はやたらとルールが多いというのは感じるところがありますね。全国から色々な出身の方が沢山いらっしゃるので、ルールが細かくなってしまうのは仕方ないとは思いますが、これも時代なのかなと思って過ごしております。

  9. はじめて訪問しました。
    ちょっと長くて嫌なコメントになるので、気に障ったら途中で読むのをやめてもらってもかまいません。

    東京は「結果」を選ぶように強制されがちという意見、なるほどなぁと思いました。
    でも、だからといって東京で遊んでいて「偶然生まれたプロセス」がないかといえばそうではないし、ましてや「自由にプロセスを作り出す余地がない」なんていわれるのは、それこそ東京生まれとしては悲しくなります。
    別に東京人だからといって、誰もが新宿や渋谷で遊んでいるわけではありませんよ。
    近所の空き地で花火したりする人もいるし、駅前の芝生で名残惜しそうにしゃべってる中学生がいたりする。
    展覧会や映画という「結果」を求める途中でも「偶然生まれたプロセス」はあります。

    こういうことを書くのは本当に嫌だし自分でも心が汚い人間だなぁと思うのですが、あなたが東京には「結果」しかなくて山形には自由があると思うのは、結局のところ、あなた自身が「結果」だけを選ぶような遊び方しかしなかったからじゃないでしょうか? あなたが東京に馴染めなかっただけじゃありませんか? あなたにとっては東京は「結果」しかない街かもしれないけれど、私にとっては生まれ育った街であり、「過程」も楽しめる街ですよ。

    気分を害されたらごめんなさい。
    失礼しました。

  10. 都会という切り口ではないですが、同じことを感じたことがあります。
    以前、自然体験型の渓谷ツアーに参加したことがありました。
    ツアーガイドが、はいここではこうして飛び込んで楽しんでください、とか、ここではこういう遊びができますとか、先に遊び方を教えてくれて、参加者は言われたようにやって「遊ぶ」。
    すべて与えられるものであって遊びを創造する楽しさがなくて、とても空疎で惨めな気持ちでした。
    安全管理を考えれば、そういうものなのも理解できますが、遊ばされてる感、お客様感、惨めさがありました。
    楽しみは与えられるのではなく、創り出すこと自体に人は楽しさを感じるのではないかと思ったりします。

  11. おっしゃりたいことはわかりますが、結果が約束されてる遊びとされてない遊びっていう点では、東京か山形かは関係ないっすね。単に「東京にはない」っていうことをこじつけたかったんでしょう。

    東京出身でここに地元愛を感じてるものとしては、根拠なく自分の故郷の名を出して悪口のネタにされるのは不快なもんですよ。

    地方の人って、東京を故郷とする人に対して失礼なことを平気で言うんですよ。「東京は人の住むとこじゃない」とかね。もし「山形は人の住むとこじゃない」って言われたらムカつくでしょ。だからそんなことは言いませんが、言われるのも嫌なものなんです。

  12. それは環境が変われば違和感があるのは当たり前で、受け止めるのは大変だけど、悲しいとしてもそれはアンタの勝手
    そんなに具体的に肯定してもらおうとしなくても、そんなのそうだよ。あたりまえ。都会は人が多すぎてそうしたくてもできないだけだ。せつない気持ちは伝わるけれど、品位が無いなあ。

コメントは停止中です。