味真野の語源とは、治左川が秘める謎とは。越前市・味真野を解き明かす旅に出る。

味真野。不思議な響きだ。その文字列は見た者を自然に惹き込む艶容さをまとっている。語源を調べると、「あじ」は「悪し」が転じたもの、という記述が見つかる。さて、では味真野は「悪し」場所なのか?もしそうだとしたら、何が「悪し」なのか?今日は味真野をめぐる「地図」の旅に出てみよう。

チラシを比べて、おかいもの体験!シュフ1グランプリを開催しました。

何をつくるかを決めて、チラシを比べて特売商品を見つけて…。様々な要素の中から、シュフのみなさんは、日々最適解を導き出している。実はその力って、こどもたちにとってすごく大事な力なのでは?そこで、自分たちで料理を決め、チラシを比べておさいふと相談し、材料を買ってくるイベント「シュフ1グランプリ」を開催しました!

Excelのファンクションキー「F1」との果てなき闘争

F2は、我々にとって欠かせない存在だ。誰からも奪うことのできない音楽と踊りのように、それは我々の心のなかにあり、ともに人生を生きていく仲間だ。

だから。だから、我々はF1と真っ向から向き合わなければならない。戦わなければらないのだ。Microsoft Excelが生まれたはるか昔から、F1との果てぬ闘争は連綿と歴史を紡いできた。

カリフォルニアに「先生のいない大学」が開校。

BBCニュースより。読みたいところを適当に抜粋・編集しています。 University opens without any teachers http://www.bbc.com/news/business-376942 … 続きを読む カリフォルニアに「先生のいない大学」が開校。

ついにあたらしい学校が生まれる。名は「軽井沢風越学園」。

僕は「新しく楽しい社会を創る子どもを育てる」と書いた。自分で勝手に「楽しい」を創っていける人になってほしいと。さて、風越学園は【より多くの人が「自由だ、幸せだ」という実感をもって生きられる社会が私たちの理想】だという。そんなの、公教育でやられたらたまったもんじゃない。そんなの、しあわせすぎる。

LGBTは、いつまで「特別」にされてしまうんだろう?

ぼくにとって、LGBTのひとは「特別な」ひとじゃない。LGBTのひとと、ぼくは、もっともっと気軽に話したいのだ。変な言い方に聞こえるかもしれないけど、LGBTの立場がもっともっと下がったらいいな、というか、もっと、LGBTがどうでもよくなってほしいなと思う。僕はすごくまじめに思ってる。

車内通勤でグローバルに!?NHK語学講座のススメ。

NHK語学講座は、NHKの語学関連ラジオストリーミングを聴けるアプリです。

リアルタイムではないものの、実際の配信1週間後になったら、その1週間分を、好きな時間に、好きな場所で聞くことができるというもの。

あなたに読んでほしい。「問題意識」と「やりたいこと」を切り離してほしいという、大事な記事です。

「教育制度を変えたいから文科省に入りたい」、「空き家問題が深刻だ、だからリノベに携わりたい」…それ、本当に「やりたいこと」か?
僕のまわりにいる「〜したい!」と言ってる人の8割くらいは、ここを履き違えているように思う。問題意識から出てきた「カリソメやりたいこと」を、自分のやりたいことだと信じて生きているように見える。

学校に不適合なのは、誰か。問題児を「うみだす先生」という存在

「今の学校は、今の先生は真面目な奴ばかりだから、タバコを吸うやつ、酒を飲むやつ、女の子をナンパするような超おもしれーやつ、そういうやつを誰も救ってやれない。

そんなのはおかしい。俺がそいつらを認めてやる。『お前ら、超おもしろいじゃん。タバコを吸うまでの気づきがあって、あえてお酒を飲もうとするようなバカさがあって、女の子ナンパするような勇気があって、窓を割るような度量があって、お前らみたいな超おもしれーやつら、サイコーじゃないか』」